ちょっとお知らせ

ユーロ2008終了後、フォロー記事もご紹介して行くつもりですが
その他のサッカー関連の話題は別のブログにて
時々ですが(時々?)書いています。
ドイツ代表やブンデスリーガの話が中心になりますが
宜しければどうぞお越し下さいませ。

MM-blog

それにしてもチェルシーに凸が来る事になって
人員余り気味なのが気になります。
とりあえずスコラーリ構想でもバラックはスタメン確保らしいので
いいんですが…

EURO2008のトップ10プレーヤー

EURO2008のトップ10プレーヤー発表  livedoor スポーツ

スペインから最多4名

UEFAは29日、EURO2008に出場した選手から選んだトップ10プレーヤーを発表した。ファイナルに進んだドイツとスペインから6名が選ばれている。

 10人の顔ぶれは、カルレス・プジョル、ダビド・ビジャ、マルコス・セナ、イケル・カシージャス(以上スペイン)、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、ミヒャエル・バラック(以上ドイツ)、さらに、ロシアのアンドレイ・アルシャヴィン、トルコノのハミト・アルティントップ、クロアチアのルカ・モドリッチ、オランダのウェスレイ・スナイデルとなった。いずれもベスト8に残ったチームからだが、そのうちポルトガルとイタリアからは一人も選ばれなかった。


やはりスペインからが一番多かったんですね。
決勝前の記事ですので、決勝を見た後なら顔ぶれが変わっていたかもしれません。
ドイツが減ってスペインが増えるとか…

続きを読む

《決勝》ドイツ対スペイン 栄光の無敵艦隊



GerSpa0630-14.jpg
ついに決勝戦、泣いても笑ってもこれですべてが決まるのです。
しかし、ラームはやってくれませんでした… やっちっゃてくれちやいました…

44年ぶりにスペインが栄冠を手にしました。
実際、試合の流れはよく1−0だ終わったものだと思う程、
スペインがゲームの流れを掴み、
一方のドイツはバラバラでやりたい事ができないままでした。

スペインはセルジオ・ラモス、そしてなんと言ってもセナがやっぱり効いていました。

立ち上がり10分はドイツにもいい動きがあったのですが、
いかんせんドイツは売りの組織プレーや速い展開が出来ず、
ディフェンスはお世辞にも世界トップクラスとは言えない状態、
むしろ決勝まで来れたのがラッキーとしか思えませんでした。
「最後に立っているのはドイツ」、これはまたも最後には破られました。

続きを読む

決勝、予想スターティングメンバー


という感じの記事が上がっていました。
ビジャがやっぱり欠場が決定的ということで、セスクがスタメン出場となる見込みです。

ドイツはこんなもんだよなー、という感じでしょうか。
フリンクスが出るのでロルフェスがベンチ、クローゼの1トップ、ラームは左で。
普通ですね、なんの変化もありません。

イエニスタがイヤだ。セルジオ・ラモスがイヤだ。トーレスは…多分大丈夫。
でもラームはやる! きっとやってくれる!

そして初の30代中盤の大舞台競演。
10年ライバルやっていて初めてなので、密かに期待しています。


…と、思ったら、何ですか!! これ!!
またか、またふくらはぎなんですか!
EURO2008ーバラック、決勝出場は時間との戦い
ドイツ代表は主将のミヒャエル・バラック抜きで決勝を戦うことになるかもしれない。
 その推進力と空中戦の強さがスペイン守備陣を脅かすことが期待されているバラックだが、右ふくらはぎのケガで出場が微妙となっている。


《準決勝》スペイン対ロシア


今日もウィーンは雨模様、しかも雷鳴轟く凄まじい雰囲気になっていました。
かつての栄光を再び、という"無敵艦隊"スペインと
名将ヒディンクに率いられ、若さと展開攻撃でここまで来たロシア、
きっと見ていて面白いゲームになるだろう、と誰もが思う一戦です。
RusSpa0627-1.jpg

続きを読む

《準決勝》ドイツ対トルコ


方や調子はいま一つでも、そもそも優勝候補でメンバーもほぼベストなドイツ、
方や満身創痍のトルコ、戦前からドイツ有利の圧倒的な見方の中で
トルコが見事な戦いぶりを見せてくれました。
…といいますか、ドイツがダメダメでした。

GerTur0626-1.jpg

続きを読む

《準々決勝》スペイン対イタリア



今日の対戦は失礼ながら、準々決勝で一番
力が拮抗するゲームとなることが予想されましたが、
ゲームとしては準々決勝で一番地味なゲームとなってしまいました。
結果を先にバラしてしまえば、
準々決勝では3試合目の延長戦、2試合目のPK戦となりました。


続きを読む

《準々決勝》オランダ対ロシア


本当に準々決勝は面白いゲームばかりが続きますね!
今日のオランダ対ロシアの一戦もまさにそんな熱い展開でした。

NedRus0622-5.jpg

続きを読む

《準々決勝》クロアチア対トルコ


クロアチア対トルコ、準々決勝の中では一番人気が無さそうな(すみません)、
でもある意味、ドイツ好きとしては興味深い対戦カードです。
どちらが勝ってもドイツはイヤな相手と戦わねばなりません。

CroTur0621-5.jpg

続きを読む

《準々決勝》ポルトガル対ドイツ



PorGer0620-2.jpg

最低のチーム状態で、今大会初の強豪チームと当たるドイツ。
2年前のW杯、3決にはドイツはポルトガルに勝っていますが、
あの時とはずいぶんチームの状態が違っていますし、カーンも居ません。
あの時はカーンのおかげで勝った気がしますが、
今日はきっとレーマンが神になる、と期待します。

続きを読む

ギリシャ対スペインとロシア対スウェーデン

準々決勝への残り一つの椅子を巡って
今日はグループDの2ゲームが行われました。
GreSpa0619-2.jpg


続きを読む

フランス対イタリア-イタリア ベスト8に

GroupC080618.jpg
まさに生き残りをかけたイタリア対フランス。
序盤から波瀾の展開となりました!

今日は地上波でもテレビ放映があり。
ネットがえらい事になっているので、おとなしくテレビ観戦。

続きを読む

オーストリア対ドイツ

AusGer0617-12.jpg
毎度のように2面開いて、片方はポーランド対クロアチアを。

今日のオーストリア対ドイツは楽しみにしていた一方、
先日のクロアチア戦での敗北から立ち直る方法を見出せるのか、
次の対ポルトガル戦を見越した修正が気になりました。

ヨアヒム・レヴ監督は戦略家としては定評がありますが、
正直、胆力やカリスマ性に欠け、自分の考えに固執し過ぎる点が気になります。
今日もやっぱり不安視されているバックラインを変えずに来ました。
移籍後、試合にもろくに出れず、ゲーム感の乏しいメツェルダーを使い続けるのか。
世代交替の芽を摘んでしまうような、レーマンの起用はなぜか。
ドイツ国内でも批判が高まっているようですね。

続きを読む
タグ:サッカー

トルコ対チェコ、スイス対ポルトガル

TurCze0616-1.jpg
今日は番狂わせと黄紙の日でした!
スイス対ポルトガル、ハカン・ヤキンのゴール連発で
まさかのスイスの勝利!
甘く見て?1.5軍で挑んだポルトガルの慢心の結果でしょうか。
おそらく決勝リーグで当たるはずの
クロアチアに負けたドイツを笑っていられない結果でした。


そして面白かったのはトルコ対チェコ。

続きを読む

スウェーデン対スペイン観戦

SweSpa0615-1.jpg
今日も気力・体力の面から1ゲームだけ観戦する事にしました。
というわけで、どちらかならこのゲームでしょう、とスウェーデン対スペイン。

続きを読む

オランダ対フランス


今日もオランダは強かった。
怪我が癒えたロッベンがスタメンに。
一方のフランスは先日に比べて、4人、スタメンを変えて来ましたが、
ボールを前に出せない中盤と、点を取れないFWに泣いた感じでした。
1人で頑張っていたリベリ、試合後の表情が印象的でした。

続きを読む

クロアチア対ドイツ

今日もまだシュヴァシンシュタイガーの調子は上向かないらしく、スタベン。

これにしても、ひたすら追い続けるドイツ、
先日のオランダ対イタリアを思わせる試合でした。

続きを読む

スイス対トルコ


その前にポルトガル対チェコのゲームがあったのですが、
なんと言いますか…よく戦ったよ、自分。という心境です。
どこもサーバが込み合っていて、ほとんど見れなかったんです。
こんなに画質、良くなくていいから、きちんと見せてくれ!と言いたい気分でした。

結局、試合も終盤に入った頃になって、
「そうだ、ポルトガルのサイトに行けばいいんだ」と思い至り、
やっと安定した状態で見る事ができるようになりましたが、
時すでに遅し、あっと言う間に試合は終わってしまいました。
ああ、ほとんどずっと私も戦いながら過ごしました。

続きを読む

三日坊主


日記が三日で途切れました…
小学生の日記みたいです…

ネット観戦すべく、1時間半程仮眠を取って…と思ったら朝でした。
絵に書いたような(ってどんなだ)三日坊主です。
まぁ、変な話グループDのこのゲームはいずれも、
見なくても想像はつく…というものでしたが、
全く予想外の展開はなかったという感じでしょうか。

前回の優勝チーム、ギリシャ、前回は運が良かっただけと思いますし。
ギリシャは今回も予選通過してしますが、そもそもこれがまず驚きでした。
いくら楽勝組とは言え、ハンガリーも過去の栄光はすっかり消え失せたとは言え
トルコが1位通過と思っていたので。
(ボスニアも個人的にはとても頑張って欲しかったんですが。)

オランダ対イタリア


死のグループ」とも言われるグループC。
フランス、イタリア、オランダという優勝候補が揃っているグループです。
このグループC、いきなりグループリーグ初戦でオランダ対イタリアという
決勝でもおかしくないようなゲームが見られました。

対戦結果は3-0、
当初の予想以上の大差でオランダが勝利をあげました。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。